img_039_web.jpg img_024_web.jpg img_037_web.jpg

DOGATTI KAI SIX

img_039_web.jpg快感 img_037_web.jpg快音 img_024_web.jpg爽快
 

ハシリと粘りを融合した新シャフト、誕生。




叩ける、ドガッティKAI, 誕生。
 

50Tカーボンシートを使用した、1層と3層のストレート層全長に
チタンファイバーを組み込んだ、叩けるシャフト。
 
超高弾性シャフトの動きをしながら、ピーキーにならず、

チタン特有の粘り感を生み出す。
 
ひとことで言うなら粘走り(ネバシリ)。 
 
インパクトで押していける、快感のシャフトです。

DOGATTI   KAI SIX

ストレート層がある1層目と3層目の50t高弾性カーボンシート全長にチタンファイバーを組み込んだ、ダブルチタンレイヤー設計。
中元調子でタイミングが取りやすく、ロースピンのシャフトです。
 

 

アルミIP+PGPガラスコーティング仕上げ

 
蒸着の弱いアルミIP(イオンプレーティング)
に世界最強度を誇る5ナノPGPガラスコーティングを使用。
蒸着強度が通常のクロムIPと同等になりました。
アルミIPを使用することで、発色の良い鮮やかな色が可能となりました。
 

Dogatti KAI Technology

ナノレベル樹脂を採用

 

ドガッティゼネレーションに採用されているナノ樹脂。樹脂の含有率を削減し、カーボンの密度を高めることで弾きの良さと打感の向上をもたらします。

チタン繊維を全長にダブルで使用。先端にはスチール細線をコンポジット。

ドガッティKAIはチタンファイバーを組み込んだ50トン高弾性カーボンシートを
ダブルで使用。先端部にはスチール細線をコンポジットすることで、粘りと走りを融合した叩けるシャフトに仕上がっています