On The Screw Fifties Wedge

 

止まる快感・多面ソールウエッジ。

 
規制された溝デザインの中で、スピンを増やす構造とは何か。
ムジークが考え抜いた結論はオリジナルの多面ソールデザイン。
フロントソールは14から15度(センター)ながら、
フロントソール幅を短くすることにより、
地面を受けてもバウンスが邪魔をしない。
セカンドソールはバウンスが0度に設定。
サードソールは抜けを意識して徹底的に削ぎ落とす。
 この多面ソールにより、フェースを開いてもバウンスが邪魔をせず、
大胆に攻めていける。
 ソールと地面との接地面積が少なく、
逆にフェースとボールの接地時間が増える。
ルール適合溝とレーザーミーリング、吸い付くようなインパクトにより、
グリーン上ではピピッと止まる。
逆にラフでは、フェースを開かずにファーストソールのバウンスを使用し、
距離を出すことも、フェースを開いて手前のピンを狙うことも可能。
スピンの快感を体験できる、ウエッジの誕生です。
 
 

TECHNOLOGY(Fifties AW)

AW専用のソールデザイン

  


 100ヤード前後のフルショットからグリーン周りのアプローチまで、
多彩なショットを要求 されるアプローチウエッジ。
FIFTIESは50度から53度までのロフトに加え、
抜けの良いローバンスのダブルカッティングソールを採用。 


 

 ローバンス設計


 
ロフト毎に設定されたローバンス設計が抜群の抜けの良さを実現。ソール幅は十分に確保し
ながらリーディングエッジが浮くことなく、きっちりボールにコンタクトします。 
 
 


スピン性能が大幅に向上

 

新溝ルール適合に加え、コンピューター制御による
精密かつ細かいレーザーミーリングをフェースに配置。
フェース面の均一性を高め、スピン性能が大幅に向上しています。


 

 

顔にこだわったソフトステンレスウエッジ。

 
 

 
芯のある柔らかさを持つSUS304ステンレスを採用。ライ、ロフト調整も可能です。
1本、1本に職人の削りを施したFIFTIESウエッジは、
クラブの顔にこだわるゴルファーがターゲットに対し構えやすく、
実践での安心感をもたらします。
 
 
 
 


写真は50度
 

50度

 

51度

 

52度

 

53度

TECHNOLOGY(Fifties SW)

トリプルカッティングソール

  


FIFTIES SW最大の特徴であるトリプルカッティングソール。
フェイスを開いてもソール後方やヒール部分が邪魔をせず、
リーディングウエッジが浮くこともないので、多彩な技を楽しめます。
フェアウエイでは、きっちりとボールコンタクトをするフィーリングを、
ラフやベアグラウンドでは抜けの良さを、
バンガーでは球が楽に上がるイージーさを体感できます。
ボールを上げて強烈なスピンで止めるウエッジに仕上がりました。


 

 ローバンス設計


 
ロフト毎に設定されたローバンス設計が抜群の抜けの良さを実現。ソール幅は十分に確保し
ながらリーディングエッジが浮くことなく、きっちりボールにコンタクトします。 
 
 


スピン性能が大幅に向上

 

新溝ルール適合に加え、コンピューター制御による
精密かつ細かいレーザーミーリングをフェースに配置。
フェース面の均一性を高め、スピン性能が大幅に向上しています。


 

 

顔にこだわったソフトステンレスウエッジ。

 
 

 
芯のある柔らかさを持つSUS304ステンレスを採用。ライ、ロフト調整も可能です。
1本、1本に職人の削りを施したFIFTIESウエッジは、
クラブの顔にこだわるゴルファーがターゲットに対し構えやすく、
実践での安心感をもたらします。
 
 
 
 


写真は58度