Dogatti & Dogatti Generation Shaft

muziik独自のチタンファイバー・テクノロジー搭載。
チタンの反発力で飛ばし、逆トルクを防いでコントロール性もアップ。

 
ドガッティ&ドガッティゼネレーション。
 
ムジーク独自の設計思想に基づき創られた最強シャフト。
 ドライバーシャフトはストレート層にチタンファイバーを全長使用。
 Ti4では軽量シャフトにありがちな、弱いインパクトを改善。
 弾きのある走り系シャフトを生み出しました。
 
 また、Ti4の流れを組むTi4FWもラインナップ。
 
 Ti5はアスリートゴルファーが求める飛距離と方向性を実現。
Ti5は先端に特殊金属を、Ti5ブルーには手元に80トン高弾性カーボンを搭載。
 スイングタイプによって選べる2種類のラインナップとなっています。
 
また、PT135にもチタンワイヤーを全長に採用。
 カーボンシャフトにありがちな
 しなり感やインパクトでの手ごたえのなさを解消。
 球足の長い、オートマチック性能の高いシャフトです。
  
 

 Driver用シャフト

NEW DOGATTI GENERATION TI5

ストレート層全長にチタンファイバーを、先端部には特殊金属を使用した高性能シャフト。Ti4のシャフト特性はそのままに、重量を59g-64g(シャフト硬さによる)までアップさせた
 走り感と弾き感に優れた飛び系シャフトです。

 

NEW Dogatti Generation Ti5 BLUE

手元部分に80t高弾性シートを、ストレート層全長にはチタンファイバーを組み込んだ高機能シャフト。手元の剛性値を高め、スピード感とコントロール性能を両立。速いヘッドスピードを生かせるシャフトです。
 

 

 Ti5&Ti5_BLUE 剛性分布

DOGATTI GENERATION TI4

ストレート層全長にチタンファイバーを、先端部には特殊金属を使用した高性能シャフト。粘りと弾きのあるチタンの特性が、40g台ながらインパクトでの感触を向上。
 走り感と弾き感に優れた硬軽シャフトです。

 

DOGATTI GENERATION TI4

ストレート層全長にチタンファイバーを、先端部には特殊金属を使用した高性能シャフト。粘りと弾きのあるチタンの特性が、40g台ながらインパクトでの感触を向上。
 走り感と弾き感に優れた硬軽シャフトです。

 

 Ti4剛性分布

Dogatti Generation Ti5

ストレート層全長にチタンファイバーを、先端部には特殊金属を組み込んだ高機能シャフト。走り系シャフトながらクセの無い動きをする飛び系シャフト。
 
coming soon!!


FW専用シャフト

Dogatti Generation Ti4 FW

 チタンファイバーを使用し、走り感を追求したFW専用シャフト。チタンファイバーのしっかりとした打感と先端部のしなやかな動きが、高弾道な飛びをもたらします。
 

 

Dogatti Generation Technology

ナノレベル樹脂を採用

 

ドガッティゼネレーションに採用されているナノ樹脂。樹脂の含有率を削減し、カーボンの密度を高めることで弾きの良さと打感の向上をもたらしまし。

インパクト時の逆トルクを防ぐ

軽量シャフトは、そのトルクの多さとヘッド重量の関係性からインパクト時、特にオフセンターショット時に逆トルクは発生します。逆トルクはヘッドの直進性を妨げ、方向性の悪さや、飛距離性能に影響します。ドガッティゼネレーションはチタンファイバーの全長使用により、逆トルクの発生を減少させ、ヘッドスピードをアップさせる加速感を生み出します。
 

パター専用シャフト

Dogatti PT135 &PT120

 シャフト内部に136本のチタン細線を組み込んだ高機能パターシャフト。カーボンシャフト特有の振動減衰による手ごたえの無さを大幅に改善。インパクト時のエネルギーをしっかりと手に伝えてくれます。ストレスフリーなストロークを実現します。135gのPT135はマットブラックとホワイト/レッドの2種類, 120gのPT120はマットブラックをご用意。
 

 

Dogatti PT135&120 Technology

チタン細線とタングステンによる重量級パターシャフト

 

第3層と7層にはカーボンシートにタングステンパウダーを使用。第5層には0.1mmのチタン細線を136本、全長に使用しています。パターシャフトの中で最も硬く、しっかりとしたフィーリングをもたらします。

チタン細線

ニッケルコーティングした日本製チタン細線を使用し、独自のプリプレグを製造しています。エネルギー伝達に優れ、距離感に重要なインパクト時の手ごたえを手に伝えてくれます。